ネカフェでスクリーンリーダー

拝啓

視覚障害者が使うことのできるWindowsコンピュータ環境は特殊である。画面を読み取るためのソフトウェアがインストールされていたり、画面を拡大表示するソフトウェアがインストールしてあったり、画面の配色を変更してあったりと様々なチューニングがされている。これはこのようにチューニングしなければ使えないことを意味している。

さて、外出先でどうしてもコンピュータを使わなければならなくなったとしよう。急いで書類を作成しなければならない、作成したものを印刷しなければならない。そんなときに便利なのがネットカフェである。一通りのコンピュータ環境と飲み物などのサービスが付いている。

ところが当然のことながらネットカフェのコンピュータは視覚障害者が使えるようにはチューニングされてはいない。つまり、ネットカフェは使うことのできないお店だったのだ。

さて、つい先日そのネットカフェに行って、画面読み取りのソフトウェアを起動して使うことができたので、その簡単な記録を書いておこう。ほんの少しだけお店の人に手伝ってもらう必要があるかもしれないけれど、十分に使うことができた。

環境など

使ったスクリーンリーダーはNVDAである。このスクリーンリーダーは、USBメモリーに本体を入れておけば、コンピュータにインストールすることなく使うことができる。実にネットカフェ向きのスクリーンリーダーと言えるだろう。

行ったネットカフェのコンピュータにはWindows XPがインストールされていた。事前に店員に「なにかやってはいけないことはありますか?」と質問してみた。答えは、「なにをインストールされてもかまいませんが、再起動するとすべて消えてしまいますから、インストールの際に再起動が必要なソフトはインストールできません。」とのことだった。要するにJAWSはだめである。

ファイルの取得

事前にネットカフェに行くことが分かっているのなら、USBメモリーにNVDAを入れておけばよい。ところがそうも行かないこともあるだろう。

ネットカフェのコンピュータ以外に自分の手の届くところにNVDAをダウンロードできそうなコンピュータやスマートフォンがないのならば、諦めて店員に手伝ってもらうことになると思う。が、私はiPhoneを持っていた。

そこで、iPhoneでNVDAをダウンロードして、DropBoxに措いた。こうすると、直接ダウンロードできる比較的短い(ような気がする)URLが得られる。

ネカフェのコンピュータを起動。どうやらXPが起動したようだ。おもむろに、Windowsキーを押しながらRを押す。「ファイル名を指定して実行」っていうダイアログが表示されているはず。narrator と入力してみよう。英語でなにかしゃべり出したかな?

もう一度Windowsキーを押しながらRを押す。「ファイル名を指定して実行」のダイアログに、先ほどiPhoneで取得したNVDAをダウンロードするためのDropBoxのURLを慎重に入力。うまくいかないと404っていう英語の悲しいメッセージが聞こえる。辛抱してやり直そう。

どうやらアクセスできた。おそらくセキュリティダイアログが表示されている。通常ならAltキーを押しながらRで実行できる。実行できてしまえばこっちのもんだ。状況によってはもう一度Altキーを押しながらRを押さないといけないかもしれない。ダウンロードのためと実行のための2回だと思う。

正直、この部分だけ店員に手伝ってもらうのが合理的だろう。時間のかかる作業ではないので断られることは少ないと思う。

無事実行できれば、インストールの音楽が流れるだろう。後はポータブル版をUSBメモリーに作るように操作する。これで再起動しても大丈夫。

追記

NVDAの起動は、下の手順で行う。

  • Windowsキーを押しながらRを押す。
  • e:\nvda\nvda のように、USBメモリーのドライブ名とポータブル版を入れた場所を入力してエンターキーを押す。

ここで問題になるのは、USBメモリーがどのドライブになるかだ。しょうが無いから、Dから順番に試していく。Fくらいまでにはきっとあるだろう。

さて、これでWordも使えるし、IEも使える。ネカフェでシャワーでも浴びるとするか?

U.S. キーボード

この記事は、一応Windowsのキーボード設定に関する記述である。Windows 7とJAWS 14.0を使っていて、日本語配列キーボードではなくて、US配列のキーボードを使っている(あるいは使おうとしている)人たちに向けての記事である。なお、日本語版JAWSはUSキーボードをサポートしていない。なので、この記事を読んで、JAWSのサポートに問い合わせをすることのないように御願いしたい。そのようなことが発覚すると、この記事そのものの公開を停止しなければならないから。

きっかけはPro Toolsを使っているときだった。どうも動作しないショートカットキーがある。編集操作で頻繁に使用するショートカットキーだったので、使えないとなかなか不便である。 Optionキーとテンキーのプラス・マイナスが動かない。Commandキーとテンキーのプラス・マイナスは動く。Shift:Optionキーとテンキーのプラス・マイナスは動かない。原因を考えても思い当たらない。 とりあえず環境設定のキーボードのところを一通り眺めてみたけれど、なにかのショートカットキーとぶつかっているようでもない。私に見落としがあるのかもしれないが、発見できなかった。 最近変更したことと言えば、OSのアップデートを行って10.8.5にしたことくらい。これが原因だったらかなりいやだなあ。 動いていたときの環境を思い出してみると、Kotoeriが入っていないことだということに気がついた。どうせ日本語書かないんだし、入れなくてもいいやって思ったのだった。ということで、キーボード設定でKotoeriのチェックボックスをオフにして再起動。はい、めでたく上記ショートカットキーは使えるようになりましたとさ。

さて、長かったけれどここからが本題。そもそもPro Toolsは、US配列のキーボードでないと操作できないキーがある。そのうちUSキーボードを買おうと思っていたのだが、このタイミングで発注。土曜日に受け取って、とりあえず設置。Mac側は問題なく動作した。 さて、私はMacの上でWindowsを使っている。VMWareというソフトを動かすと、Macの上でいろんなOSが動作する。このおかげで、一つのコンピュータでMacとWindowsの両方の環境を構築できている。ということで、このWindowsのキーボード設定も変更しなければならない。そのままでも使えるかなと思ったが、いくつかの記号が入力できなかったり、日本語変換のOn/Offが煩雑であったりするので、思い切ってキーボード設定を日本語から英語配列に合わせることにした。

考えなければならないのは下記の二つ。

  • OSのキーボード設定を変更する
  • スクリーンリーダーのキーボード設定を変更する

このうち、OSの設定に関してはいろいろな記事があるので、そちらも参考にしていただくことに使用。

OSのキーボード設定変更。

コントロールパネルから変更できるかと思ったら、これができない。当然と言えば当然なのだが、USキーボードを選ぶと漢字変換ができなくなってしまう。これでは困るので調べてみると、なんとレジストリを変更するのだそうだ。

  1. レジストリエディタを起動する。スタートボタンを押して出てきた検索ボックスに”regedit.exe”と入力すればほぼ確実に起動できるだろう。
  2. 左側のツリーから、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts\00000411 を探す。
  3. このキーには三つの値が含まれている。”Layout File”を探して”KBDUS.dll”に書き換える。
  4. レジストリエディタを終了して、Windowsを再起動。

起動してきたWindowsで、メモ帳のようなものをとりあえず起動。英語キーボードの動作チェック。 右手の小指の右(日本語ではコロンがあるばしょ)を押してみよう。アポストロフィーがちゃんと入力できるだろうか。続いてAltキーを押しながらTabキーの上(日本語キーボードでは全角/半角キーがあるばしょ)を押してみよう。日本語が書けるモードになっただろうか。このキーを単独で押すと妙な記号(アクセント記号とかグラーブとか言うよね)が入力される。

ということで、OSレベルでの設定は終わったと思われる。次はスクリーンリーダーの設定である。

JAWSの設定

日本語版JAWSが英語配列のキーボードに対応していないのはそれなりの理由がある。JAWSには今のところ複数のキーボードレイアウトを切り替えて使用する機能がない。つまり、日本語版は日本語キーボードに、その他の国バージョンはそれぞれの国のキーボードに合わせて作られている。よって、簡単には対応できないのである。幸いなことに、日本語キーボード設定は、すべてユーザが変更可能なファイルに書き込まれている。その気になれば日本語版JAWSを、英語キーボード仕様に再カスタマイズできる。設定ファイルを探してこつこつ編集していくことになるが、やってやれないことはない。正しく動く保証もないが、とりあえず手を出すことができる。

変更するファイルたち

それでは、変更する必用があるファイルを紹介しよう。

続きはこれから、ぼちぼち書くので。

Markdownは便利だろうか?

前書き

最近ちょっとまとまったドキュメントを書いている。もちろんこれまでにもドキュメントはそれなりに書いてきたわけだけど、なぜだかMarkdownという書き方で書いてみようかと思い立った。

詳しくは、 WikipediaのMarkdownの記事 などをご覧いただきたいが、要するに見出しや箇条書き部分に簡単なマークを入れておくと、HTMLに変換してくれたり、Word文書を作ってくれたりするというものらしい。主にHTMLに変換することを目的としているのかな?

Markdownならば、そのままでもほとんど違和感なく読むことができる。書くのもHTMLをそのまま書くよりずっとずっと楽だ。そしてそれなりにきれいなHTMLができる。

文章を書くと言うことは、本来体裁を気にすることではないはずだ。文章そのものを考えたり、どんな構造にするかを考えたりすることがずっと重要なはずだ。

が、ワープロを使ったりするときにはなかなかそこに集中するのは難しい。もちろんスクリーンリーダーユーザーならではの問題もあるのだけれども、もっと文章そのものに力を注ぎたいものだ。

ということで、私は昔から文章だけをメモ帳のようなもの(もうちょっと高機能だけど、エディタというジャンルのソフト)で書いてそれを適当なプログラムに通すと美しく(?)整形してくれるものを使っていた。古くはntf, xtrなど。TeXにはほとんど手を出さなかったけれど、やりたいことはよくわかる。

時代がHTMLになってからは、最低限の要素を使ってHTMLを手書きしていた。なんらかの原稿を書くとき必死でWordを使うより、HTMLで書いて校正してくれる人に渡した方が構造的な意味は伝わりやすい。校正してくれる人がいなくても、Word文書よりはたぶん美しい体裁になるだろう。

が、HTMLは覚えるのになかなか苦労する。総論は賛成でも覚えるとなると二の足を踏んでしまう人も少なくないだろう。ということでMarkdownの登場だ。

HTMLよりはずっと楽に構造を書き示すことができる。見出しにしたい行の先頭に半角シャープを入れればよい。もう一つ小さな見出しならシャープ二つ。段落を分けたいのなら1行空けておけばよい。このくらいならたぶん誰にでもできるだろう。

さて、こうやって書いたテキストをWordやHTMLに変換してくれるソフトが必要だ。ということで、最近MarkDown#Editorなるソフトを使っている。これがなかなか便利だ。

MarkDown#Editorってなに?

エディターというジャンルのソフトがある。その昔ならば、 VZ Editor というものがある。今なら 秀丸エディタ とかだろうか。

主にプログラマーに好まれる傾向があるが、プログラム以外にも文字ならなんでも書ける。ワープロのように印刷機能を持っているわけではないが、文字を書くことにおいては手足のように効率的に動くのがエディターだ。

さて、そのエディターの機能としてMarkDown形式で書いた文章をHTMLに変換してくれるのがMarkDown#Editorである。簡単な形式で文章を書くと、そこそこ美しいレイアウトにしてくれるというわけだ。

画面が左右2分割されており、左側に文章を書いていくと、右側に整形されて表示される。書いているときには左側だけを気にしていれば良い。

入手方法

作者のサイトから入手ができる。まず、作者のサイトを読んで、どんなエディターなのか、概略をつかんで頂けると良いだろう。

HIBARA.org – MarkDown#Editor

~~まだまだ続く~~