avrマイコンはおもしろいだろうか?

拝啓

最近ラズパイで遊んでいるわけだが、ラズパイは反応が遅いのである。ものすごく短い時間停止するように指示してもその100倍くらいはかかってやっと目覚める。どのくらい短いかって言うと10マイクロ秒。

正直汎用のコンピュータにそういうことを求めてはいけないのだろう。いろんなことが同時にできて大きなデータが扱えて、インターネットに接続できる。それがフリスクの箱くらいのコンピュータ、それがRaspberry Piの姿なんだなって改めて感じる。

じゃ、10マイクロ秒をきっちり計ってくれて、さっさと反応してくれるものは?それがマイコンなのかな。ということで、そろそろマイコンにも手を出してみよう。

みんなPICだから私はAVRで

そんなわけでもないけれど、avrはちょっと楽しそうなのだ。なにがって?

  • C言語で開発できそう。
  • gccが使えるようなので基本無料で環境が作れる
  • 開発ツールとして使い慣れているUN*Xで開発できそう

ということだ。少しマイコンが手に入りにくいようだったり、情報が少なめだったりするみたいだけど、おもしろそうである。

ということで、今後どうなりますやら。

Debian GNU-Linux (Stretch)のスクリーンリーダー使用インストール

拝啓

最近Raspberry Piで遊んでいる。どんな風に遊べるかは別に書くとして、こいつに使われているOSは、Raspbianっていう名前なのだ。そう、Debianが元になっているわけだね。

ということで、MacにもDebianをインストールしてみようと思ったのである。Raspberry Pi上でのソフトウェア開発がちょっとは楽になるかな?ってことで。

で、どうなのさ?

結論は、スクリーンリーダーが入っていて、インストール時点からちゃんと使うことができる。点じディスプレイを接続すればおそらく自動認識してインストール画面が読める。

仕組みは完璧だが、私の環境では音声がとても不安定で、インストール途中で音声だけ停止してしまう。原因は調査していない。

インストール方法

Debianのインストールガイドに極めて詳しい説明がある。私がやらなければならないのは、インストールしているところの実況録音の公開くらいではないだろうか。ということで、チャレンジしてみたいなと思った方はぜひ、本家のページをご一読あれ。

インストールしただけじゃ意味ないけど?

そのままちゃんと使える。音声は不安定なままだ。点じディスプレイを使ってコンソールでDebianを使おうとしているならばほとんど問題はないだろう。残念ながら日本語を書くことはできない。これに関しては
GR for UNIX
ってのがあるが、長期にわたって更新されていない。