スクリーンリーダーユーザーがUNIXみたいなものを触りたくなったときに使えるかもしれない環境

私は古くからUNIXを使ってきた。スクリーンリーダーを選定する際、UNIXと接続するためのソフト(ターミナル・エミュレータ)が使えるかというのは重要なポイントだった。

ということで、現在は
JAWS
を使っているわけだがこれから入門しようとする人にとっての環境はどんなもんだろうと思ってちょっとだけ実験したので、その結果をば。

UNIXはRaspberry Piで

おそらく、最も短時間でUNIXみたいなものを動作させられるのはRaspberry Piだと思う。インストールはほとんど悩まないだろうし、参考サイトも豊富にある。なにより安い。

スクリーンリーダーはNVDAで

UNIX自身にあるアクセシビリティ機能が十分でない以上、WindowsのコンピュータをUNIXに接続して使うのが現実的だろう。そのときに使うのがターミナル・エミュレータだ。で、これが使える可能性があるのがNVDAというわけだ。ちゃんと動くよ。

ターミナル・エミュレータはTeraTermで

いろんなエミュレータがあるけれど、私のかる~い実験ではTeraTermが使えた。Emacs(っていうテキストエディタ)もちゃんと使えるし、画面の内容もちゃんと読める。

なぜにUNIX?

それは愚問だろう。使ってみたいから、でしかないよね。まっ、プログラミングのお勉強したいとか、コマンドラインのインターフェースが好きだとか言う懐古趣味みたいなことを言う人も(おれのことか?)いらっしゃるかもしれないね。

Debian GNU-Linux (Stretch)のスクリーンリーダー使用インストール

拝啓

最近Raspberry Piで遊んでいる。どんな風に遊べるかは別に書くとして、こいつに使われているOSは、Raspbianっていう名前なのだ。そう、Debianが元になっているわけだね。

ということで、MacにもDebianをインストールしてみようと思ったのである。Raspberry Pi上でのソフトウェア開発がちょっとは楽になるかな?ってことで。

で、どうなのさ?

結論は、スクリーンリーダーが入っていて、インストール時点からちゃんと使うことができる。点じディスプレイを接続すればおそらく自動認識してインストール画面が読める。

仕組みは完璧だが、私の環境では音声がとても不安定で、インストール途中で音声だけ停止してしまう。原因は調査していない。

インストール方法

Debianのインストールガイドに極めて詳しい説明がある。私がやらなければならないのは、インストールしているところの実況録音の公開くらいではないだろうか。ということで、チャレンジしてみたいなと思った方はぜひ、本家のページをご一読あれ。

インストールしただけじゃ意味ないけど?

そのままちゃんと使える。音声は不安定なままだ。点じディスプレイを使ってコンソールでDebianを使おうとしているならばほとんど問題はないだろう。残念ながら日本語を書くことはできない。これに関しては
GR for UNIX
ってのがあるが、長期にわたって更新されていない。