accessible Peak Meter

Pro ToolsにしろLogicにしろ、音楽製作をする上でメーターの表示はある程度気になるものだ。どちらもVoiceOverと一緒に使用したときにメーターの表示を読めるようにはなっている。が、リアルタイムに確認することは難しい。

とあるイギリスの開発者が、音でメーターの状態を教えてくれるプラグインをリリースした。AU, VST, AAXに対応している。要するにほとんどのDAW環境で使えるだろう。

私は、Pro Toolsのプラグインとして使ってみた。そのときの簡単な記録と印象を書き留めておこう。

プラグインの使い方

特に説明する必要はないだろう。それぞれ、ドキュメントに沿って、それぞれのDAWでの適切なフォルダにファイルをコピーすればインストールは終了だ。

セッションを作って、いくつかのトラックを作ったならば、監視したいトラックにこのプラグインをインサートする。これだけである。

デフォルトでは、クリップが発生すると短いビープ音で教えてくれる。どの程度クリップしたかはビープ音の高さでなんとなくわかる。詳細はメーターを読めば良い。ミックス作業をしながら、あるいはレコーディングの準備でレベルを決定するようなときに、メーターを読むことから解放されるのはなかなか良いことである。

プラグインを開いて いくつかの設定を行えば、-6dB程度でビープ音が出るように設定もできる。録音時はこのくらいが安心かもしれない。

サウンドデバイスにも寄るだろうが、私は-10程度でビープが出るように設定し、フェーダーは0にした状態で、サウンドデバイスの入力レベルを調整している。これでサウンドデバイスの中でのクリップは防げるはずだ。

問題点

どうやら、小さなバグを抱えているような気がする。ビープではなく連続してメーターの状態を音で知らせてくれるモードがあるのだが、そちらに設定するとデフォルトのピークお知らせモードにしてもモードが切り替わらないような気がする。お知らせしてあげなきゃな。

入手先