U.S. キーボード

この記事は、一応Windowsのキーボード設定に関する記述である。Windows 7とJAWS 14.0を使っていて、日本語配列キーボードではなくて、US配列のキーボードを使っている(あるいは使おうとしている)人たちに向けての記事である。なお、日本語版JAWSはUSキーボードをサポートしていない。なので、この記事を読んで、JAWSのサポートに問い合わせをすることのないように御願いしたい。そのようなことが発覚すると、この記事そのものの公開を停止しなければならないから。

きっかけはPro Toolsを使っているときだった。どうも動作しないショートカットキーがある。編集操作で頻繁に使用するショートカットキーだったので、使えないとなかなか不便である。 Optionキーとテンキーのプラス・マイナスが動かない。Commandキーとテンキーのプラス・マイナスは動く。Shift:Optionキーとテンキーのプラス・マイナスは動かない。原因を考えても思い当たらない。 とりあえず環境設定のキーボードのところを一通り眺めてみたけれど、なにかのショートカットキーとぶつかっているようでもない。私に見落としがあるのかもしれないが、発見できなかった。 最近変更したことと言えば、OSのアップデートを行って10.8.5にしたことくらい。これが原因だったらかなりいやだなあ。 動いていたときの環境を思い出してみると、Kotoeriが入っていないことだということに気がついた。どうせ日本語書かないんだし、入れなくてもいいやって思ったのだった。ということで、キーボード設定でKotoeriのチェックボックスをオフにして再起動。はい、めでたく上記ショートカットキーは使えるようになりましたとさ。

さて、長かったけれどここからが本題。そもそもPro Toolsは、US配列のキーボードでないと操作できないキーがある。そのうちUSキーボードを買おうと思っていたのだが、このタイミングで発注。土曜日に受け取って、とりあえず設置。Mac側は問題なく動作した。 さて、私はMacの上でWindowsを使っている。VMWareというソフトを動かすと、Macの上でいろんなOSが動作する。このおかげで、一つのコンピュータでMacとWindowsの両方の環境を構築できている。ということで、このWindowsのキーボード設定も変更しなければならない。そのままでも使えるかなと思ったが、いくつかの記号が入力できなかったり、日本語変換のOn/Offが煩雑であったりするので、思い切ってキーボード設定を日本語から英語配列に合わせることにした。

考えなければならないのは下記の二つ。

  • OSのキーボード設定を変更する
  • スクリーンリーダーのキーボード設定を変更する

このうち、OSの設定に関してはいろいろな記事があるので、そちらも参考にしていただくことに使用。

OSのキーボード設定変更。

コントロールパネルから変更できるかと思ったら、これができない。当然と言えば当然なのだが、USキーボードを選ぶと漢字変換ができなくなってしまう。これでは困るので調べてみると、なんとレジストリを変更するのだそうだ。

  1. レジストリエディタを起動する。スタートボタンを押して出てきた検索ボックスに”regedit.exe”と入力すればほぼ確実に起動できるだろう。
  2. 左側のツリーから、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts\00000411 を探す。
  3. このキーには三つの値が含まれている。”Layout File”を探して”KBDUS.dll”に書き換える。
  4. レジストリエディタを終了して、Windowsを再起動。

起動してきたWindowsで、メモ帳のようなものをとりあえず起動。英語キーボードの動作チェック。 右手の小指の右(日本語ではコロンがあるばしょ)を押してみよう。アポストロフィーがちゃんと入力できるだろうか。続いてAltキーを押しながらTabキーの上(日本語キーボードでは全角/半角キーがあるばしょ)を押してみよう。日本語が書けるモードになっただろうか。このキーを単独で押すと妙な記号(アクセント記号とかグラーブとか言うよね)が入力される。

ということで、OSレベルでの設定は終わったと思われる。次はスクリーンリーダーの設定である。

JAWSの設定

日本語版JAWSが英語配列のキーボードに対応していないのはそれなりの理由がある。JAWSには今のところ複数のキーボードレイアウトを切り替えて使用する機能がない。つまり、日本語版は日本語キーボードに、その他の国バージョンはそれぞれの国のキーボードに合わせて作られている。よって、簡単には対応できないのである。幸いなことに、日本語キーボード設定は、すべてユーザが変更可能なファイルに書き込まれている。その気になれば日本語版JAWSを、英語キーボード仕様に再カスタマイズできる。設定ファイルを探してこつこつ編集していくことになるが、やってやれないことはない。正しく動く保証もないが、とりあえず手を出すことができる。

変更するファイルたち

それでは、変更する必用があるファイルを紹介しよう。

続きはこれから、ぼちぼち書くので。