今時の有線放送事情

私はこれまでにも結構長いこと有線放送を聞いてきた。中断していた期間も長いのだが、合計10年くらいになるだろうか。
そんな話を家でしていたら、久しぶりに再会してみようではないかと言うことになった。ちょうど初期費用無料キャンペーンなるものが行われていた。ついでになにやら粗品もくれるらしい。粗品と言うには豪華なものだが。

先ほど設置が終わったところである。

今時の有線放送はなかなか進化しているので、ちょっとメモ代わりに書き留めておこう。

受信方法は二通り

有線放送と言えばその名前が示すように専用のケーブルを使って放送しているものだった。ところが、最近は衛星を使って放送している(だから有線じゃないよね)と、NTTのフレッツ回線の上にのっけて放送しているものの二つがある。どちらもチャンネルなどの放送内容は同じだという。我が家では衛星を使った方式にしてみた。ベランダに45cmのパラボラアンテナが設置された。午前11時頃に日が入ればおそらく設置可能だろう。

チューナーの操作性に関して

この衛星放送用のチューナーだが、本体右側にダイヤルがあり、基本的にはこのダイヤルを回すとチャンネルを切り替えることができる。有線放送はA1, B2, C3, K40というようにアルファベットと数字の組み合わせでチャンネル番号が決まっている。アルファベット部分を「バンド」と言うらしい。

バンドを切り替えるには、このダイヤルの内側にあるボタン(上下左右の四つに分かれている)の左右を押す。ちなみに上下はボリュームである。
チャンネル切り替え時の反応はかなり早い。前面ディスプレイ上には番組名などの情報が表示される。

また、リモコンでも操作することができる。リモコンにもディスプレイがあるが、本体を操作したときにはリモコン側の状態は変化しない。リモコンはバンドを選択する11個のキーと、番号を入力する1~0のキーがある。チャンネル番号を直接入力することができる。本体を含めて、メニュー選択などの操作は行う必要がない。
ただ一つ、スリープタイマーやプログラムタイマーを使用するには、本体(あるいはリモコン)のメニューボタンを押して機能を呼び出して設定する必要がある。この部分がどの程度視覚情報を必要とするかは未確認である。

番組情報の入手

有線放送の番組表は雑誌で提供されている。3ヶ月ごとに発行されているそうである。
このほかにUsenのウェブサイトでも番組情報を確認することができる。

私が便利に使っているのは、iPhone用のUsen番組情報アプリである。ジャンルからチャンネルを選択するか、チャンネル番号がわかっていれば直接指定して選択すると、そのチャンネルに関する情報を表示することができる。現在流れている曲やこれから流れる曲の情報、お話し番組ならば次のお話しの題名や出演者を確認することができる。

関連リンク

ナクソス・ミュージック・ライブラリー

ずっと前から気になってはいたのだが、基本的に私の音楽鑑賞はディスクを聴くことがほとんどだった。だから、コンピューターやスマートフォンでどれだけ音楽を聴くだろうか、毎月2千円程度の価値があるだろうか、と考えていたのだった。

このサービス、主にクラシック音楽を定額制で聴き放題になるサービス。ディスクにすると数万枚の中から、聴きたいときに聴きたい曲を選んで聴くことができる、なかなかおもしろそうなサービスなのだ。きっとこれまでにほとんど聴いてこなかった作曲家やジャンルの音楽にも出会えることだろうなとは思っていた。ということで、先日夜中に目が覚めたので勢いで入会してみた。勢いとは言っても2年くらい悩んだわけだけれども。

このサービスは、コンピュータで音楽を聴けるほかにiOS用・Android用のアプリが提供されている。私はiPhoneで聴くことが多いかもしれない。iPhone付属のイヤフォンのリモコンでは再生や停止の操作ができないところがこのアプリの惜しいところなんだけど、その他はシンプルで使いやすい。音質も十分と言ったところか。

最近ナクソスの新譜で『世界の国歌集(2013年コンプリート・エディション』とかいうのがあるのを発見。こんなディスク、つまみ食いしたいけれどまさか自分で買うことはない。こういうつまみ食いができるのも楽しい。

最近は同じ曲をいろんな演奏家で聴き倒すっていうシリーズもやっている。こいつもおもしろかった。

これで、少しは古典派やロマン派の音楽も聴くようになるかな?とか思ってみたりしているが、たぶんそうはならないだろう。結局ルネサンスのおもしろそうなディスクを見つけては聴いていることになるのだろう。そして、思わず気に入ったらディスクを購入しているという、ナクソスの術中にはまっているような気がしてならない。

とりあえず、関係するリンクを。
ナクソス・ミュージック・ライブラリー – 全曲無料試聴できるクラシック音楽配信
NMLをスマートフォンで楽しむ!

ベートーベンの交響曲全集

最近、ナクソス・ミュージック・ライブラリーに入会した。この入会に関してはそのうち書くとして、このライブラリーを聴いていて見つけてしまったディスクのレビュー。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれないが、私はクラシックをそこそこ聴く。だが、モーツァルト以降はほとんど聴かない。例外的にショパンの全集を持っていたりはするが、全くわからないに等しい。なので、ベートーベンなんてほとんど聴いたことがない。

その昔にも書いたが、オランダにブリュッヘンという指揮者がいる。彼は、18世紀オーケストラという作曲当時の楽器や演奏法を使って演奏しているオーケストラを立ち上げてその指揮者をやっている。このオーケストラの録音をいくつか持っているが、私はなかなか好きな演奏家だ。劇的なのだ、すごみがあるのだ。

そのブリュッヘンがベートーベンを全曲再録音したという。こりゃ聴かないわけにはいかんだろう。全くベートーベンなんてわかっちゃいないけれど。

ということで、このディスクで私はベートーベン入門しているのである。ちょっと前に新宿タワーレコードで「18世紀オーケストラのベートーベンってどうですか?って聴いたら、「いやあ、18世紀オーケストラをお聴きになりたいんでしたらハイドンとかからいかがですか?」って言われたことがあるな。それほど奇抜な演奏なのか?

JAWSでFireFoxを使っていて、なぜだかフリーズするぞ?

今年の春くらいから、IEではなくFireFoxをメインのブラウザとして使っている。特別な理由があるわけではない。ちょっと楽しそうだ、というだけだ。いろんなプラグインを組み込んだりすればもっと楽しいのだろうが、とりあえずは使い始めたのだ。

そうこうしていて、読み込んだページの中に突然なにもなくなってしまうような現象に遭遇した。この現象はJAWSを最新バージョンにアップデートすることで解消した。

これとは別に、ページは正常に読み込めているようだが、その後の操作がなにもできなくなってしまう現象に遭遇した。原因がまるで思い当たらない。アドオンマネージャを起動して、プラグインをすべて無効にすると正常に操作できる。それで調べていくとどうやらFlash Playerが有向になっていると問題が発生するようだ。

ということで、先日いろんな人に教えていただいたので、ここに纏めておく。JAWSユーザが同じ問題に遭遇して検索したときにひっかかるように。

Flash Playerのセキュリティ問題?

こんなページがあることを教えていただいた。
FirefoxでFlash、Youtubeが再生出来ない問題
なるほど、Flash Playerが、JAWSからの情報要求に対して応答しなかったのか?それなら納得できる。

スクリーンリーダーは、アプリケーションに対して読み上げに必要な情報を要求する。ところが、この要求に対して応答しなかったり、なにも情報を返さないと、スクリーンリーダーは読み上げができなかったりフリーズしたりすることになる。まさにこの現象だったようだ。

ということで、対処。

対処方法: 保護モードを無効化

Adobeによると推奨されている方法ではないが、確実に問題は発生しなくなる。セキュリティ上のリスクがあるから推奨していないのだろうが、Adobeが提示している他の方法は、現実的に行うことが難しい。ということで、以下の作業をやってみた。

  • 管理者権限のあるアカウントでログインする。
  • Flash Playerの設定ファイルであるmms.cfgを探す。
    mms.cfgの場所
    32bit版 Vista/7の場合
    C:\windows\system32\macromed\flash
    64bit版 Vista/7の場合
    C:\windows\syswow64\macromed\flash
  • 見つけたら、こいつをメモ帳で開く。おそらくExplorerとかでEnterキーを押すと、どのプログラムで開くかを聞いてくると思うので、メモ帳を選択。
  • ファイルの最後に書き行を追加。
    ProtectedMode = 0

これでFireFoxを起動して、適当にFlashが使われているページに行ってみよう。YouTubeとかは適当じゃないかな。

ということで、教えてくださった皆様ありがとうでした。