アンサンブル・エクレジア

十日ほど前に昼間のFMクラシック番組を聴いていてかかっていたのがこのグループ。中性の宗教曲。いやはや美しい。ということで、ディスクを探して購入。どうやら一般店頭にはないかも。

購入したのは『巡礼の歌<』だ。いろいろ書いてもしょうがないな。波多野さんの声は美しい。フラメンコギターの音も力強い。最後に収録されている『鳥の歌』もすばらしいな。

最近の紅茶(夏編)

2ヶ月ぶりに紅茶を購入。今回最後に残ったのはアッサムティーだった。

アイスティーにするとおいしそうな紅茶が店頭にたくさんあった。ミント系・さっぱりした花の香りのお茶などなど。オレンジの香りなどもある。ダージリンはセカンド・フラッシュが入荷していた。いやはや50gで4千円はちと高い。そんなわけで夏に収穫されたお茶(セカンドフラッシュ)はお預け。その他に『マルコポーロ』とか『ボレロ』なんかが売れているらしい。

エキゾチック
ベースは中国茶。これにグレープフルーツの香りを中心にいろいろ、らしい。香りはとてもすっきりしている。抽出時間は3分ほど。アイスティーにするときは普段より多めのリーフを入れて作る。濃いお茶を氷に注いでできあがり。
アールグレー・インペリアル
今回はインペリアルにしてみた。去年もこの時期に買っている。ダージリンティーをベースにしたお茶。結局この銘柄に落ち着きそうだ。

このほかに、『フリュイ・ルージュ』と『マーガレッツ・ホープ』(ダージリンティー)を購入。2ヶ月くらいは十分楽しめそうだ。

奥華子 『BIRTHDAY』

4枚目のオリジナルアルバムがようやく?発売された。とりあえず購入。

彼女自身もブログに書いているように、よく作り込まれたアルバムだなと思う。サウンドもこれまでのアルバムとは比べられないくらい豪華だ。

曲もなかなか粒がそろっている。去年発売されたシングル『明日咲く花』もそうだし、なかなか良いなと思う曲が多い。彼女が大切に歌ってきただろう『笑って笑って』が新しく録音されている。

歌詞の世界にも変化が感じられる。もっと言葉を選んでほしいなと思うこともあるが、これが等身大の世界なのだろう。いろんなタイプの曲が入っている。かなり冒険しているな。

以下ディスク情報

レコードプレーヤー

今、不燃ゴミの収集車がやってきた。今朝出しておいたレコードプレーヤーはたぶん運ばれていったことだろう。うん、ちょっとだけ寂しいな。

7年ほど前、池袋の某カメラ屋でおもわず衝動買いしたものだった。けっこうがんばって使っていた。この家にも10枚以上はレコードがあるはずだ。CDになっていないものをなんとかレコードで入手したものもあるくらいだから。

しかし、最近はめっきり使う機会が減ってしまった。周辺機器の買い換えでレコードプレーヤーが使えなくなったことが大きな要因だが、そもそもプレーヤーが故障してしまったのだ。修理するか??とも思ったが、今度レコードを聴きたくなったらきちんとお金をかけよう、と決意して処分することにした。

それでもね、カートリッジだけは捨てられずに外して保存。けっこう良い音するんだよな、安かったけど。

ちなみにこの家では現役でカセットテープの再生と録音ができる。再生はともかくそれなりに録音できる環境を持つ人は減っただろうな。

時代は確実に移り変わっているなと思う。iPhoneとヘッドフォンを持っていれば、店頭に行かなくてもコンピュータがなくても、音楽を購入して楽しめる。これからどう変化していくだろうか。

ジョルダンライブ

それにしても、鉄道に関するトラブルはこんなにたくさん起こっているのか。。。ちょっとびっくりである。

最近携帯から
ジョルダンライブ
という、ユーザ投稿スタイルの運行状況サイトをチェックするようになった。公式な運行情報と一緒に使うとなかなか便利である。これを見ると、なにがしかのトラブルがいつも起きていることがわかる。事故のこともあるし車両故障のこともある。命に関わるような事故も少なくない。

そういえば昨日も所沢で電車遅れていたな、人身事故だったと思う。いやはや、自分が事故に遭わないようにはしたいものだ。

お菓子の話 Part2

なんでPart2かというと、かなり前に、福岡のお菓子のCMを集めた記事を書いているからだ。mixiの方は、私のブログから探してちょうだいませ。

週末に、母校の同窓会で帰省していた。30年ぶりにお会いする先生とかいて、ちょっとびっくり。その音楽の先生に、持っていたiPodで昨年某協会で演奏したものを聴かせてあげたら、ものすごく喜んでくれた。いやはや、演奏はともかく、こういうのもよいのかもしれないな。

さて、その帰省中に買ったお土産はこんな感じ。

またもやラーメンが食べられなかった。今度帰省するときは食べなければ。

ウィンブルドン終了

今年も終わった。男子は2年ぶりにフェデラー、女子はセレナ。女子決勝は見逃してしまったが、男子決勝は半分観た。いやはやすごかった。二人の集中力はどこから生まれるものだろうか。

さて、伊達さんのし合い、負けはしたがおもしろいし合いだった。なにか強いメッセージを感じながら観戦した。長く続けると言うこと、トップにいるということ、状況とどう向き合うかと言うこと。

彼女のブログと、HPのコラムを紹介しておこう。