そんなに古くはないんだが。。。

私が初めてつかったパーソナルコンピュータが、
遺産
に認定されたらしい。いやはや、遺産なんて数百年とか前のものを言うんじゃないの?と思ってしまったが、電子計算機の世界はそうでもないらしい。

さて上記リンクを見ていると、なかなか興味深い機器が並んでいる。日本語ワープロの歴史はそれほど古くないこと、電卓が出現してから50年くらいしか経っていないこと、国鉄の座席予約システムは結構前から電子化されていたことなど。

そしてパソコンが身近に使えるようになるきっかけとなるPC-9800シリーズが登場してからまだ30年にもならないこと。たった15年前はみんなPC-98シリーズを持っていたこと。

これから20年後、計算機の世界はどう変化していくのだろうか。生活は豊かになるだろうか。生活の質は向上するか?

La Petite Bandeを救おう!

さっき、
18世紀音楽祭協会
からベルギーの古楽オーケストラである
ラ・プティット・バンド
を救おう!」というメールが届いた。なんでも政府から出ている補助金が打ち切られそうになっているらしい。

なんと説明すればよいだろうな、この楽団の文化的歴史的音楽的存在意義を、それこそ政府は理解しているのだろうか。

で、
請願署名を受け付けるサイト
がオープンしている。興味のある方、ぜひご覧になっていただけるとうれしいな。

詳しく知りたい方、さっき届いたメールがほしい方は、ご一報ください。なお、この件に関して
日本語の情報が18世紀音楽協会のページに書かれている。

バッハのカンタータ録音シリーズもまだ半分にも達していない。このまま録音が続けられなくなってほしくはない。

カザルスホール

最近カザルスホール閉館のニュースが舞い込んだ

文化とはいったいなんなんだ?教育はなにを教えるのか?あるいは教えないのか?

例えば数十万の署名が集まったとして、大学はどう反応するだろうか。研究施設にした方が大学としては都合がよいかな?

Mixiのコミュニティにこんなのがあるので、興味のある方はどうぞ。