寒いのだ~!

すっかり寒くなってきた。この季節は在宅勤務の私にとってはなかなかつらいのだ。夜に寒いのは布団をかぶって寝てりゃいいんだが、昼間仕事をしていて寒いのはなかなか耐えられない。ということで、エアコン・ホットカーペットは既にフル活用されている。

さて、人間はともかくわんこたちも寒いらしい。夜寝るときは布団の横でおとなしく寝ているのだが、朝になって温度が下がってくると、「布団に入れてくれ~」とやってくるのだ。左右に犬が入ってくると真ん中の人間は身動きが取れない。そして適当にあたたかくなってくるとこれまた強引にいなくなるのだ。

少なくとも、「犬は喜び庭駆け回り」はうそだと思うな。ということで、すでに張るが待ち遠しい。

うぎゃっ、値上げだ!

今日犬用の
トイレシート
を買ったときの話。上記ページにもあるように、一袋は42枚である。ところが今日店頭にあったのは33枚。値段はほぼこれまでと同じ。実質上の値上げだ。いやはや、やられたな。

ポテトチップスの量が減ったり、気のせいかカップ麺の量が減ったり(ってそんなしょっちゅう食べる訳じゃないが)というのはこれまでにもあったが、こういう商品も値上げなんだなと思ってしまった。

私としては枚数はそのままで値段を上げてほしかったな。こんなもの節約はできないのだから。買うときはどうせ買うのだ。ということで、旧製品を扱っているところを探してまとめて買っておこう。

音楽はパソコンで聴く時代か?

iTunes Storeには思ったよりたくさんのアルバムが売られているようだ。これまで使ってきたどのCDショップより多くのアルバムが検索できる。これは驚きだ。

昨日、バロックフルート(フラウと・トラベルソ)を演奏する方とお話をしていて、「なんか遊べるといいね」という流れになってきた。が、フルートとリコーダーなんて曲はそれほど多くない。でもって、そういう曲を書いていそうな作曲家をごそごそと検索してみたのだ。そしたらなんとCDは既に廃盤になったものやらがiTunes Storeには出てくるのだ。これは驚きだ。

考えてみればこれは必然的なことである。ディスクを再販するにはそれなりに売れることが必要だ。が、iTunes Storeのようなダウンロード販売では、ディスクを作るよりも簡単に販売できる。データさえ作ってしまえばいいんだから。

それにしてもこの音質はなんとかならんもんかのう。その手軽さがダウンロード販売の魅力だろうし、ディスクを買うよりは若干安く設定されているのだから文句も言えまいが…。

ということで、買ったらすぐさまCDに焼いて普通のプレーヤーで聴くのが私のスタイルだ。たかだか音楽を聴くのにコンピュータを起動するのはめんどうなのだ。が、最近のパソコン世代な若い人は、コンピュータで音楽を聴くんだろうな。Youtubeだってニコニコ動画だってそうだよな。

会いたい人には会うべきだ

もう何年も気になっている人がいる。元気にしていらっしゃるか、どこにお住まいなのか。Googleの力を借りつつ調べてみるがよくわからなかった。そもそも気になったまま時間が流れた。ググり始めたのは1年ほど前からだ。なかなか情報がない。

家族にも聞いてみたがかなり前に年賀状を頂いて以来連絡は取っていないという。ようやく手がかりになりそうな団体を発見した。私なんかが連絡を取るのははばかられるような団体だ。意を決して今日電話してみた。

彼の近況は知ることができた。とにかく近いうちに会いに行こう。たぶん会いに行かねばならないのだろう。もっと早く行動しておけばよかった、と後悔している。

誰のことか。私のリコーダーの初めての支障、麻生純先生のことだ。ご無沙汰しすぎたな。

確実にCD/DVDを破壊する方法

ほらほら、どこぞのネットショップで怪しげなビデオのDVDを買ったあなた。あるいは、個人情報が入ったCDをなんとかして破壊したいあなた。そんな人にお勧め。

なにやら最近のシュレッダーの中にはCDを粉砕できるものもあるらしい。CDを手で割ろうとするとけっこう堅くて下手をすると怪我をしてしまう。そんなときに登場するのが「電子レンジ」だ!!!手順は至って簡単、かかる時間も1秒だけ。

消去したい(破壊したい)ディスクを裏返しにして(光っている方を上にして)電子レンジにセット。「弱」で加熱開始!ディスク面が光ったらすぐさま加熱終了!くれぐれも加熱しすぎてはいけない。後が大変。1秒で十分だ!!!

整形外科に行くと「マイクロ」という機械がある。幹部に当ててもらうとほんのり暖かい。このマイクロ(マイクロウェーブ、2.4GHzくらいじゃなかったかな)は、大変深部まで到達して、間接なども暖めることができる、ということで整形外科で使われるのだ。さて、このマイクロを書けてもらうときに「金属は外してくださいね」と促される、あるいは「体の中に金属が入っていませんか?」と聞かれる。これら金属があるとその金属にマイクロがかかるとどうなるか。おそらく大やけどになる。

CDを電子レンジに入れるとどうなるかは、
Gigazineのサイト
に写真があった。ということで、1秒以上は加熱しないように。

私はやって書いているが、念のためこれを読んでやってみて、何か起こっても私は責任とらないので、あしからず。

体育会系?

ちょっと前、リコーダーのレッスンでの師匠との会話。

Seiken: そういえば、毎日練習する良いねたってありますか?
師匠: うん、ありますよ、(あれやこれや紹介してくれる)。高校生のときなんかこういうの毎日1時間かけてやってましたよ。
Seiken: あ~、そのくらいやるといいんでしょうね~。もう遅いっていう噂もありますけど(笑)

だいたい私は練習が嫌いだ。なにより誰か(家族を含めて)にその練習風景を感じられるのがいやなのだ。ということで小さい頃のピアノの練習もあんまりしなかった。

そして最近、ハーモニカ奏者の友人から電話があった。で上記話をしたら、「う~ん、どっちの気持ちもよくわかるな~、1時間はともかく10分でいいからやってれば?」と言うのだ。そうだなと思う。基礎トレーニングをそれなりに積んでおかないとなにごともうまくいかないなと思う。

私の本職はコンピュータを扱うことだが、高校時代はプログラミング言語を学ぶのはおもしろかった。まったく実用にならないプログラムをけっこう書いたものだった。こういうのが基礎トレーニングになったんだと思う。今でも新しいプログラミング言語を学ぶときは実用にならないプログラムをひたすら書いて覚えることになる。そうこうしているうちにある程度実用になるものが書けるようになる。

それにしても、「人前で演奏する」というのがこんなに刺激になるとは思わなかった。なにやら次が決まりそうだ。決まったらまた書くが、今度はどうやら一人だ。緊張しまくっているSeikenを観察できるかもしれない。ということで、可能な限り10分でもいいから体育会系の練習をすることにしよう。

いやはや観たかったな~!

クルム伊達公子さん、全日本テニス選手権で優勝しちまった。38歳だってさ。

なんかニュースだけ見ると一方的な試合で勝ったように見えるのだが、ぜひ観戦したかったな。38歳の選手が優勝するというのはどういうことなんだろうか。4月に現役に復帰してからなかなか良い成績続きだ。他の日本人が弱いのか彼女が強いのか。どっちにしても他の選手やテニスファンに対して「刺激」になっていることは間違いないと思う。

来年、オーストラリアン・オープンに出場するんだとか。どこまで行くのやら。それにしてもどこか中継してくれる放送局はないもんかいのう。

犬も歌うのだ~

犬の歌声

我が家の犬は、笛の音と一緒に歌うのだ。遠吠えともいうな。CDの音では吠えない。楽器を持って吹いているとこうやって吠えるのだ。なお、リコーダーの音色についてのつっこみはしないこと(笑)。

ちなみに歌うのはメイである。モカはおとなしく寝ている。

2008年の日本シリーズ

数ヶ月前、「巨人は勝てないな」と書いた。あの段階で今日現在を想像していた人なんていないと思う。誰がどう考えても優勝は阪神だった。それがこの状況だ。


本日の試合。後半から観戦していたのだがなかなか良い試合だった。9回表、後一歩で点数が取れるところまでいくのだが、その1歩が進めない。相手投手も気迫の投球。


これで3勝3敗で互角になった。あと1試合、ものすごく楽しみだ。

本日見学した楽器

毎週木曜日に、
目白にある古楽器の専門店
に行っている。用事が済んだ後、飼うわけでもないのにいろいろ見学。迷惑な客だな。

本日見学したのは

  • アイリッシュホイッスルいろいろ
  • アルトリコーダー数種
  • 18世紀前半のスタイルのフルート(フラウト・トラベルソ)
  • クラヴィコード
  • チェンバロ(弾けないくせに…)
  • リュート(もっと弾けないくせに…!)

勝手に見ているだけならいいが、店員を捕まえてあれこれ聞いているのだからやっぱり迷惑な客だ。が、こんな楽器たち、そうそうさわれる物ではない。貴重な社会見学だな。