ワールドミュージック

NHKのFMではワールドミュージックを紹介している番組がある。その名も
「ワールド・ミュージック・タイム」という。名前が示すように、世界の音楽(特にポップス)を紹介している番組だ。

これとは別に、ピーター・バラカンさんがやっている番組がある。
『ウィークエンド・サンシャイン』
という番組だ。最近はアフリカの音楽が多く紹介される。一時期はアイリッシュ音楽も多く紹介されていた。

そうだ、もう一つある。
『アジアポップスウインド』だ。アジアのポップスがかかる。沖縄の特集が行われることもある。

さて、これらの番組を聴いていて思うことがあるのだが、ここで紹介される音楽はそれぞれにその国の色を強く感じる音楽ばかりだ。インドネシアのヒットチャートの聴けばちゃんと国の香りがする。アフリカの音楽にはそのリズムや歌詞にメロディーに、アフリカらしさが漂う。その国の人たちが普通に聴いている音楽である。

では、日本のポップスにはそんな国の香りはするのだろうか。演歌は西洋人が聴いて日本を感じるだろう。が、ポップスにはどれだけそういう香りを感じることができるだろうか。ヨーロッパやアメリカのポップスとなにが違うのだろうか。そりゃ、私もその昔ビートロックバンドの真似をしていた、日本語ではあったけれど。

上に上げた国の政治体制とその娯楽とが深く結びついていることは否定できない。外国の音楽を多く聴くことができる国では必然的にその影響は受けるだろう。ある国の植民地だった国はその国の影響を受ける、だからボサノバはポルトガル語だ。

さて、私たち日本人はそのアイデンティティを音楽の中に持っているだろうか。音楽に限らず…。

今日は沖縄のCDでも買ってこようかな。

無党派層はどこに投票すればいいのか?

あっちこっちで選挙の話題だ。たいへん良いことである。そろそろ入場券が届いている頃だろう。

さて、誰に投票するか?が問題だ。もし投票したい人がいなかったらどうなるのか?ということで調べてみた。

白票は無効票である。投票に行かなかったのと同じ。「坂本龍馬」と書いた票も無効だ。これまた家でごろごろしていたのと同じ。

どうやら現行の制度では「議員になってもらいたい人がいない」という意志を選挙の場に表すことはできないらしい。困ったもんだ。

ところが、結果に関わるかどうかは別にして、有権者がこれを表したらどうなるだろう。いったいどのくらいの割合で「坂本龍馬」票が出現することになるのだろう。数パーセントではすまないのではなかろうか。場所によってはかなりの得票になるかもしれない。無効票が第3位だったりしたらかなり衝撃的なはずだ。

そんなことをつらつら考えているわけである。投票日まであと数日。

猫が鳴いているのじゃ

さっきから窓の下で猫が熾烈な縄張り争いを繰り広げている。いやはやすごい声である。ありゃどちらかが動けなくなるまでやる気だろうか。

猫の縄張りはそれほど広いものではないらしい。せいぜいが半径数十メートルくらいなもので、例えば家に住み着いている猫はその周りをうろうろするくらいなものなのだそうだ。高いところにいるのは縄張りを監視するためである。

その昔、私の実家にも猫がいた。マルチーズより体の大きな猫だった。そもそも体がでかい、太っていたわけではないところがなんとも。その猫が突然子猫数匹と母親らしき猫を引き連れて家のベランダに帰ってきた。責任を取ったわけでもなかろうが、とにかくこれで飯を食えなくなることはない。正式に飼っているのは牡の1匹だがこうやって連れてこられてはみんなの餌を用意することになる。しばらくはベランダがにぎやかだった。

ある日、子猫たちもそこそこ大きくなって自分で動けるくらいになった。すると、母猫が1匹ずつ加えてベランダの外に連れて行く。離婚したかどうかはしらないが、とにかくベランダは元のように静かになり、猫たちはいなくなったのだった。

あっ、猫たちは静かになったぞ。どうなったんだろうか。

プロフェッショナル 仕事の流儀

NHKで火曜日の10次から放送されている番組である。『プロジェクトX』終了後に始まった番組だ。この二つの番組を見ていて気になったことがいくつかあるので書いてみよう。

女性が取り上げられない
めったなことでは女性は取り上げられることはない。これじゃ女性は社会に貢献していないみたいじゃないか。世の中にはプロフェッショナルの女性はそれこそ山のようにいる。ターゲットにしている視聴者が男性なのだろうか?
常識的な労働時間ではない
ここに登場する人たちは、常識的な労働時間を遙かに超えて働いている。それをプロフェッショナルというのだろうか?そういうつもりは制作者にはないのかもしれないが、「もっとがんばれ、もっとがんばれ」と言われているように見えるのは私だけだろうか。毎日8時間の労働で最大の成果を上げている人を取り上げてほしいものだ。

この番組を見て、素直に力をもらっている人も少なくはないだろうから、きっと番組そのものはよくできているのだろうなと思う。ただ、ちょっとだけ気になるのだった。

壊れるときはいつも突然?

今回はビデオデッキである。映像はきちんと記録されているようであるが、音声がきちんと記録されない。なにやら音が小さくて歪んでいる。いやはや、どうしたものか。

それにしてもVHSビデオデッキを新しく買う人はかなり減ったのではないだろうか。DVDレコーダーも十分に安くなった。なにより便利だ。ハードディスクのレコーダーも数万円で買えるところまできた。

が、このビデオデッキはできれば修理したい。おそらくは安いDVDレコーダーよりは性能的に有利なはずだ。ということで、また繰り返すことになるが、長く使おうと思うものにはそれなりの理由があるのだろう。

そういえば、先日テレビを見ていて「不要なものを処分する心得」みたいな番組をやっていた。それによると

  • 思い出に繋がっていないもの
  • 何年も使っていないもの

は処分した方がよいのだろうだ。とっても納得できる。

ウィンブルドンⅡ

今年のウィンブルドン、日本人は今夜(二日午後)で負けてしまった。杉山さんも森上さんもとってもおもしろい試合だった。が、勝てなかったのは、チャンスを確実に掴み取る力の差だろうか。あるいは勝負への執念だろうか。

どんなに強い選手もいつも強いわけではない。調子の悪いときにそれをどう立て直すのか、どこを落としたら負けるのか、どこを押さえれば勝てるのか、そんなことを十分にわかって試合をしていることがよくわかる。

いやはや、毎年すごいドラマが展開されるものだ。後数日寝不足の日々が続くことになりそうだ。男子も楽しみだし。そういえばそろそろ相撲も始まるな?