フォルテピアノ

NHKのBs2とBS-Hiでこの1月から
ピアノを題材にした小さな番組が始まった。1月はモーツァルト以前の作曲家たちを取り上げており、2月はおそらくモーツァルトの特集になるだろう。もちろんショパンの特集もあるだろう。

そもそもこの番組、去年の連ドラの影響で始まったのではないかと思っているのだが…。司会も宮崎あおいさんだ。

ピアノは誕生してからほぼ3百年が経過している楽器である。いろんな変化をしながら今の形にたどり着いている。ちなみにバイオリンは3百年前から基本的に変化していない。

この番組では作曲当時の楽器を使って演奏している。バッハならピアノの先祖であるチェンバロ(クラブサン・ハープシコード)や、クラビコードという楽器だし、その後のハイドンやモーツァルトならば、200年前のピアノ(これをフォルテピアノと言う)が使われている。普段あまり聴かないピアノの音色である。もちろんショパンになると現代のピアノに近いものになるだろうし、ラヴェルやドビュッシーになればほとんど今のピアノだろう。

私は古い楽器で演奏している録音をそこそこ持っているのであまり目新しくはないが、きっとほとんどの視聴者は初めて聴く音なのではと思う。同じトルコ行進曲でも楽器や演奏スタイルが変化すると別の曲のようになるから不思議だ。

当時の楽器や演奏法法、演奏環境を再現するのは、研究や興味という次元を超えて新しい音楽を教えてくれるようで、私はたいへん好んで聴いている。また、こういう楽器での演奏がテレビで放映されていることもとってもうれしい。

ってことで、一度ご覧になってみては?

wincvsのインストール

インストール手順

  • cd /usr/ports/devel/wincvs
  • make; make install
  • cd /etc/
  • vi rc.conf
  • ;; Add cvs_lockd_enable=YES
  • mkdir {repository_dir}
  • /usr/local/bin/wincvs -d … init

リポジトリのイニシャライズはrootで行う。root権限で使わないリポジトリなら’-n’オプションをつけてinitコマンドを実行する。

pserverを設定するときは、inetd.confにエントリーを追加。inetd.confにリポジトリを書く必要はない。機動パラメータは’authserver’である。

ちゃんとcvslockdは起動すること。

壊れるときはいつも突然

なんでもいいのだが、飯を炊こうととりあえず米を洗う。で、炊飯器に入れて1時間。こんなもんだろうということで、スイッチ入れたのだった。

ところがだ、30分後に行ってみると、なんと!炊けていないではないか。間違いなくスイッチを入れたのだ!うむ、故障のようだね。

なぜかこういうものは突然壊れるものだ。壊れるととっても困るのに突然だ。「そろそろ怪しいで〜す~」って主張してくれれば…。んなわけないな。

ということで、明日にでも新しいのを購入しようと思っているのだが、そこでいろいろと改めて調べてびっくり。炊飯器も進化してるのだ、これが。土鍋あり、ダイアモンドあり、金メッキあり、高温高圧あり、真空あり。もちろん機能も増え続けている。いろんなご飯が炊けるようになっているし、玄米やら炊き込みご飯やらはもう当たり前?!

誰か推薦品があったら教えてちょうだいませ。

音と音楽について

サム・テーラーというサックス奏者がいる。演歌のイメージを持つ人とジャズのイメージを持つ人がいるかもしれない。それはどちらも正しいらしい。

さて、HMVで彼のアルバムを検索したりGoogleで彼について調べていて、あるレコーディングエンジニアのページを発見した。伊豫部富治さんのページである。その中に、メモらんだむ”音”らんだむというページがある。

楽器をやっていたり、音楽鑑賞を趣味にしているものにとって、この文章はなかなか読み応えがある。どんな姿勢で演奏するのか、それをどう記録するのか…など。

さて、コンピュータプログラマはアーティストか?ということを時々聞くことがある。私の答えは「そうではないが、そうとも言う」というものだ。というより職人に近いだろう。プログラムはある目的を持って制作される。「なんとかシステム」とか「なんとかゲーム」みたいに。要するに、それを依頼してきた人とそれを利用する人(ときどきはその二つは同じ人のこともあるよね)にとって良いものをできる限り短時間で作成する。自分の主張で仕様を曲げることはできないしやってはいけないことだ。もちろん目的に沿う仕様に変更するのであれば積極的に提案するのが良いだろうが、自分を主張するためにはやってはならないだろう。

パーソナルコンピュータが現れた後、それこそ自宅でプログラミングができるようになると、自分のために自分でプログラムを作り、それを発表することが行われるようになる。私もそういうことをしたことがある。これは自分が追求したい方向に仕様もデザインもコードも持って行くことができる。こうなるとアーティストと呼べるかもしれないが、結局発表しても使ってもらえなければあまり意味がない。

そういうわけで、プログラマはどちらかといえば職人なのだろう。と思う。

最後に: 人のこと言えませんが、読みやすいコードがいいよね、自分のためにも共同作業者にも

音と音楽に興味がある人は、ぜひ上記リンクをご参照ください。

音と音楽について

サム・テーラーというサックス奏者がいる。演歌のイメージを持つ人とジャズのイメージを持つ人がいるかもしれない。それはどちらも正しいらしい。

さて、HMVで彼のアルバムを検索したりGoogleで彼について調べていて、あるレコーディングエンジニアのページを発見した。伊豫部富治さんのページである。その中に、メモらんだむ”音”らんだむというページがある。

楽器をやっていたり、音楽鑑賞を趣味にしているものにとって、この文章はなかなか読み応えがある。どんな姿勢で演奏するのか、それをどう記録するのか…など。

さて、コンピュータプログラマはアーティストか?ということを時々聞くことがある。私の答えは「そうではないが、そうとも言う」というものだ。というより職人に近いだろう。プログラムはある目的を持って制作される。「なんとかシステム」とか「なんとかゲーム」みたいに。要するに、それを依頼してきた人とそれを利用する人(ときどきはその二つは同じ人のこともあるよね)にとって良いものをできる限り短時間で作成する。自分の主張で仕様を曲げることはできないしやってはいけないことだ。もちろん目的に沿う仕様に変更するのであれば積極的に提案するのが良いだろうが、自分を主張するためにはやってはならないだろう。

パーソナルコンピュータが現れた後、それこそ自宅でプログラミングができるようになると、自分のために自分でプログラムを作り、それを発表することが行われるようになる。私もそういうことをしたことがある。これは自分が追求したい方向に仕様もデザインもコードも持って行くことができる。こうなるとアーティストと呼べるかもしれないが、結局発表しても使ってもらえなければあまり意味がない。
そういうわけで、プログラマはどちらかといえば職人なのだろう。と思う。

最後に: 人のこと言えませんが、読みやすいコードがいいよね、自分のためにも共同作業者にも

音と音楽に興味がある人は、ぜひ上記リンクをご参照ください。

AMラジオが聞こえない

最近、できれば録音しておきたい番組がなんとAMラジオで放送された。が、私の今のシステムではまともにラジオが受信できない。特にニッポン放送の受信状態が悪い。ということで、録音そのものは友人たちにお願いした。

ということで、これは悔しい。これまでずっと買わないでいたのだが意を決して(ってこともないが)アンテナを購入した。AZDENというメーカーの
ALA-10II
というものだ。6千円くらいで購入できる。

このアンテナの良いところは、

  • どんなラジオにでも基本的に使える
  • アンテナ本体はほとんど薄い板なので、どこにでも設置できる
  • 付属するケーブルがやたらに長いのでこれまた便利
  • あとは上のリンクを見てね

ということだ。私は本体を窓の上に設置して使っている。なかなか良い感じで受信できるようになった。

ところがだ、やっぱりニッポン放送は難しい。埼玉はそもそも受信が難しいのだろう。他の放送局は録音しても問題ないくらいに受信できている。ということで、ラジオの受信に困っている人にお勧めしよう。ラジカセでも使えるよ。

シュークリームはおいしかったのに

それにしても残念である。不二家のお菓子の話。
去年の8月に閉店してしまったが、自宅の最寄り駅近くに不二家があった。ときどき顔を出したりお土産を買ったりしていたのだ。店長はなかなか良い人だった。いつもお客には丁寧に応対していたのにな。
それがこの騒ぎである。すごく残念だ。販売店の人はきっとみんな丁寧に対応していただろう。消費者を裏切ったことも残念だが、一緒に商品を売ってくれている人を裏切ったことはなんとも悲しいではないか。
今あのおっちゃんはなにを思っていらっしゃるのだろう。そうそう、この前はご馳走になりました!

今年こそはブログ!

昨年に少しブログを書き始めたものの、なにやらシステムがきちんとどうさしなくて、それより使い勝手が悪くてそのままにしてしまっていた。ということで、改めて始めてみよう。
それにしても、ブログのシステムはそれほど多くはないようだ。というか、公開されていて誰でも自分のシステムに組み込むことができるものは少ないようだ。ほとんどがプロバイダやソフトウェアベンダーによって開発されているのだろう。
ということで、二つほど探し当てることができた。どちらも商用で利用したり複数人が管理したりするときにはお金がかかる。だが、一人で個人的に使うのには無料である。
ということで、 Movable Type というのを使ってみることにした。どうなるやら。

追記: この記事は2007年に書いたものである。その後休止状態を経てWordPressに移行した。