CppUnitをBorland C++BuilferXでBuildする方法


CppUnitは、Java用テストフレームワークJUnitをC++に移植したものである。 CppUnitをBorland C++BuilderXでコンパイルする方法を以下に示す。 CppUnit Tests with C++BuilderXを参考にした。

手順

  1. 適当なフォルダにCppUnitのソースを展開する。このフォルダを$CPPUNIT_ROOTと呼ぼう。
  2. $CPPUNIT_ROOT\contrib\bcc5bcc-makefile.zipがあるので、$CPPUNIT_ROOTに展開する。
  3. $CPPUNIT_ROOT\bccに移動
  4. mksrclist.cppをコンパイル
  5. ここでmakeすると-Nオプションが間違っていると言われるので、cppunit.makでコンパイルオプションを指定している行の-Nを消すか、このPatchを当てる。
  6. make
  7. *.dll, *.libを適当なディレクトリに移動
  8. Have Fun!

生成物

コンパイルに成功すると、次のファイルができる


手順5のPatch

diff -u bcc_orig/cppunit.mak bcc/cppunit.mak
--- bcc_orig/cppunit.mak        2002-04-20 20:56:00.000000000 +0900
+++ bcc/cppunit.mak     2005-08-28 16:21:08.000000000 +0900
@@ -26,11 +26,11 @@
 FLAGS_COMMON= -I$(ROOT)\include;$(BCB)\include -jb -j1 -w -c -w-par -w-inl -w-stl -DWIN32
 FLAGS_COMMON_static = $(FLAGS_COMMON)
 CXXFLAGS_RELEASE_static= $(FLAGS_COMMON_static) -O2 -n$(RELEASE_OBJDIR_static)
-CXXFLAGS_DEBUG_static= $(FLAGS_COMMON_static) -v -N -x -xp -n$(DEBUG_OBJDIR_static)
+CXXFLAGS_DEBUG_static= $(FLAGS_COMMON_static) -v -x -xp -n$(DEBUG_OBJDIR_static)
 
 FLAGS_COMMON_dll = $(FLAGS_COMMON) -WM -WD -WR -DCPPUNIT_BUILD_DLL
 CXXFLAGS_RELEASE_dll=$(FLAGS_COMMON_dll) -O2 -n$(RELEASE_OBJDIR_dll)
-CXXFLAGS_DEBUG_dll=$(FLAGS_COMMON_dll) -v -N -x -xp -n$(DEBUG_OBJDIR_dll)
+CXXFLAGS_DEBUG_dll=$(FLAGS_COMMON_dll) -v -x -xp -n$(DEBUG_OBJDIR_dll)
 
 ## link or lib options
 LINKSTARTUP= c0d32.obj