« gnuplot の canvas terminal についての諸々 | Home | Rubyのlambdaでクロージャを書いてみた »

February 5, 2012

Gnuplotの canvas terminalドキュメントの和訳

gnuplot 4.4 document の canvas terminal の所を和訳してみました。かなり意訳になっているので、間違いや勘違いを含んでいる可能性があります。この原文は英語で、http://www.gnuplot.info/docs_4.4/gnuplot.pdf (p.169 - 170)にあります。この邦訳の著作権も原文に準じるものとし、この邦訳によって生じたいかなる損害の責任は負いません。

83.7 Canvas

Syntax: 
      set terminal canvas {size <xsize>, <ysize>} {fsize <fontsize>}
                          {{no}enhanced} {linewidth <lw>}
                          {standalone {mousing} | name '<funcname>'}
                          {jsdir 'URL/for/javascripts'}
                          {title '<some string>'}

ここで、<xsize> と <ysize> は、プロットエリアのサイズをピクセルを単位で指定します。 デフォルトサイズは、standalone モードで、横600、縦400ピクセルです。 デフォルトフォントサイズは10です。 NB: Only one font is available, the ascii portion of Hershey simplex Roman provided in the file canvastext.js. You can replace this with the file canvasmath.js, which contains also UTF-8 encoded Hershey simplex Greek and math symbols.

デフォルトのstandaloneモードは、HTML5の canvas 要素を使ってプロットする JavaScript のコードを含むHTMLページを生成します。このHTMLページは ''canvastext.js' と 'gnuplot_common.js' の2つの JavaScript ファイルをリンクしなければなりません。デフォルトでは、ローカルにあるファイルをリンクしており、一般的な Unixライクなシステムでは、/usr/local/share/gnuplot/<version>/js ディレクトリの中にあります。他のプラットフォームに関しては、installation notesを参照してください。これを変更するには、jsdir オプションに、他のローカルのディレクトリまたはURLを指定します。このURLの指定は、ネットワークに接続されているクライアントマシンにプロットしたグラフを転送するときに使われます。

canvas ターミナルによって全てのプロットにマウスを使うことができます。キーワード mousing を追加すると、standalone モードのプロットの横にマウストラッキングボックスが追加されます。gnuplot は、canvastext.js'と同じディレクトリ、または URL にあるJavaScript ファイル 'gnuplot_mouse.js' とマウスボックスのためのスタイルシート 'gnuplot_mouse.css' へのリンクを追加します。

name オプションを指定すると、JavaScript だけが含まれたファイルを作成します。javascript ファイルに含まれている関数の名前と、 canvas 要素の id は、name オプションに続く文字列になります。以下のコマンドは、

      set term canvas name 'fishplot'
      set output 'fishplot.js'

fishplotという id を持つ canvas に描画する fishplot() という JavaScript で書かれた関数を含むファイルを生成します。 またこの JavaScript 関数を呼び出す HTML ファイルは、前述の canvastext.js をロードしておかなければなりません。 この fishplot を含む最低限の HTML ファイルは以下のようになるでしょう。

      <html>
      <head>
          <script src="canvastext.js"></script>

          <script src="gnuplot_common.js"></script>
      </head>
      <body onload="fishplot();">
          <script src="fishplot.js"></script>
          <canvas id="fishplot" width=600 height=400>
              <div id="err_msg">No support for HTML 5 canvas element>/div>
          </canvas>
      </body>
      </html>

No TrackBacks

TrackBack URL: http://www.argv.org/~chome/blog/mt-tb.cgi/243

About this Entry

This page contains a single entry by chomy published on February 5, 2012 1:05 AM.

gnuplot の canvas terminal についての諸々 was the previous entry in this blog.

Rubyのlambdaでクロージャを書いてみた is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.