« 試験監督から見たセンター試験の実際 | Home | METARとTAFをケータイから見れるようにしてみた »

February 16, 2010

Tera Stationをremoteからshutdownする方法

 そんな必要がどこにあるのかといわれそうだが、今日届いたUPSが、運用中の古いTera Stationに対応していなかったのだ。なので停電のときくらいしかシャットダウンしないFreeBSDのホストに、Tera Stationを落とすrcスクリプトを書いた。

 やったことは、Tera StationのWeb設定画面のHTMLを読んで、シャットダウンボタンを押した時のブラウザの要求をwgetで再現しているだけ。SERVERとADMIN_PASSWORDを変更すれば、普通に使えるだろう。試験したわけではないがLinuxでも動くはずだ。

#!/bin/sh
#
# rc script to shutdown Tera Station by knakao
#

#REQUIRE LOGIN

SERVER=fileserver      #ファイルサーバーのホスト名
ADMIN_PASSWD=password  #adminのパスワード

URL="http://$SERVER/cgi-bin/ts.cgi"
POST="page=maintenance&mode=shutdown&type=setup"
USER=admin
WGET=/usr/local/bin/wget

ts_down()
{
	OPT="--http-user=$USER --http-password=$ADMIN_PASSWD --post-data=$POST"
	OPT="$OPT -o /dev/null -q -T 5"
	URL="$URL?$POST"

	$WGET $OPT $URL
}

case $1 in
start)
	;;

stop)
	ts_down;
	;;
esac

2009-02-17 追記
 私はLinuxユーザなのでついwgetを使ってしまうが、FreeBSDな方々はcurlを使うのかな。ということで後日curlバージョンを。って必要ないか。

1 TrackBack

TrackBack URL: http://www.argv.org/~chome/blog/mt-tb.cgi/207

TeraStationLiving 2.0TB ウチのやや古いTeraStation(HS-DHTGL/R5)はUPSに対応してませんが、ど... Read More

About this Entry

This page contains a single entry by chomy published on February 16, 2010 4:42 PM.

試験監督から見たセンター試験の実際 was the previous entry in this blog.

METARとTAFをケータイから見れるようにしてみた is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.